2017 / 06
≪ 2017 / 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 / 07 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


短大を卒業して、約20年を経て届いた同窓会の通知をきっかけに、学生時代に亡くなった
男友だち・森川雄士の夢を頻繁に見たとノンから領子に電話がある。
そして、領子、明子、花、穂乃香、ノンが、東北の街で再会する。
短大時代の知り合いで、プロダンサーを目指していいた森川の死は、自殺ではなかったのでは?
彼の死を巡る、それぞれの思い。交わされる彼女たちの会話。
そして同級生で単身ニューヨークに渡り演劇学校に入学した美晴の今。
20年後のそれぞれの女性たち。そこから見えてくるもの…。


◆ 犬のモモと暮らす独身の領子。勤めていた出版社が倒産。失業中。(「モモといっしょ」)

明子が、密かに憧れていた従兄カンペーの勧めで結婚した相手には、病死した前妻の娘・舞衣がいた。
打ち解けていると思っていた中学生になった舞衣が、電話で明子のことを「あいつ」と呼んでいるのを聞いて動揺する。 (「不惑の窓辺」)

◆ スナックで働きながら寝たきりで入院の父、ショートステイを利用する母。両親の介護の日々を過ごす(「花の影」)

穂乃香は、プータローの森川を支えていたが、自らも渡米を夢見る森川は彼女の同級生・美晴が、演劇修行に渡米したことに苛立ち、彼女との喧嘩が絶なくなる。この件で相談した栃田弘光に惹かれやがて結婚する。二人には、お互に森川の死をめぐって心に抱いてきた思いがあった…。 (「結晶」)

◆ 20年ぶりに五人はホテルのロビーで再会。卒業もこの日のように寒い三月だった。
則子ことノンは、東北の建売住宅に夫と二人の娘と暮らし近所の子供たちに習字を教えたりと順調な暮らしだと思っていたが、夫が別の女性と付き合っていること言明。別れ話がもちだされる。 (「三月」)

美晴は短大を出て一年半後、親の反対を押し切って、単身でニューヨークの演劇学校に入学するが…。
(「遠くの涙」)



短大を出て20年後に再会した、40歳前の女性たち五人と、ニューヨークで生きる一人の同級生の今。

眩しい青春時代の先にある続いている人生。

短大時代の日々では、なんとも思わなかった人との出会いや付き合いが、
実は心の深いところを照らしてくれて、今も生きる何かの力になっている。
そんなことを思うのは、大切な人や肉親との思いもかけない別れや、予期しない出来事にあって
大きな喪失感に、呆然とする時なのかもしれない。
あの三月から始まり、この三月を生きて、そして、新しい三月に会いにいく物語。


生きているうちに、誰かと笑いたい。
泣くのありかもしれない。
命ある時間を、うんと生きたいと思った。

また、読み返したい一冊。

(「三月」大島真寿美著 光文社 2013.9)



スポンサーサイト

はるりんどう3

◆ここをアップできなかった、へろへろに疲れる期間も本は読んだ。
続けて読んだのは、大島真寿美さん。

「やがて目覚めない朝が来る」から「チョコリエッタ」「香港の甘い豆腐」「ピエタ」「青いリボン」
「虹色天気図」「ビターシュガー」「戦友の恋」。

疲れる毎日で、電車の中で寝ぼけて読んだので、はっきり内容を覚えてはいない。
でも、読み続けたのは「生きることはまんざらじゃないよ」と作品の中で励ましてくれたから。
生の裏側にある「死」が意識がされている作品も、読みごたえがある。

この「ふじこさん」も彼女の最近読んだ作品。
他に「夕暮れカメラ」デビュー作「春の手品師」の二編。

(お話)
◆ 大人になったリサが、小学生高学年のころ出会ったふじこさんのことを回想した物語。
両親の離婚話や、未来が見えない、夢や希望と無縁、疲労、毎日が辛く苦しく絶望して自殺願望だったリサ。
偶然、別居している父のマンションを訪れて、ふじこさんという父の彼女と出会う。

オープンでまっすぐなふじこさんに、惹かれ彼女と会うことが待ち遠しくなる。
全方位的に受け入れてくれる彼女と過ごした宝物のような時間の話。


(思った)
◆ ボクもリサとおんなじように、ふじこさんにとても惹かれた。
読んでいて心の風通しがよくて気分がよかった。

一番印象的だったのは、「自分の宝物」ってなんだという話。

ふじこさんが見つけた宝物。それはイタリアに住む職人がつくった椅子。
「デザインの奥深さに感動」して、今の仕事を辞めてイタリアにいって最高の仕事をしたくなったと
ある時リサに話す。そのキラキラとした美しいふじこさんの表情が、読んでいて浮かんでくる。
リサにはわからないけど、それが、ふじこさんの「自分の宝物」。

しずこさんが言うのに、宝物は人それぞれ違う。
この世にある「宝物」は、「宝箱」に入っていて、誰が見てもわかりやすい訳じゃない。
「自分の宝物」は「さりげなくそこらへんにひょいっとある」それを自分で探すことが大事。
リサもいつか、リサだけの宝物に会えると、ふじこさんは彼女に語りかける。

人との出会いの深さや歓び、生きがい。
そんな「自分の宝物」を見つけられる歩き方をしたい。

大島さんいい作品、サンキュ!


(「ふじこさん」大島真寿美 著 2012.2 講談社文庫)

◆ 写真は愛知県森林公園「はるりんどう」。

本命くじら

Author:本命くじら
 本が好きです。自然も好きです。
人間という生き物にキョウミシンシン!
本は快楽。本はエネルギー。…ってことで。
 よろしく!

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。