2017 / 10
≪ 2017 / 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


◆(物語)

26歳のヒロイン・江藤良香には、二人の男がいる。
中学生の頃から、憧れ続けている「一」(イチこと一宮君)どんな仕草も大好きな王子様のようにみえる存在。社会人になった彼女は、一に会いたくて、偽名で同窓会を企画して再会するが、一は彼女の名前すら覚えていなかった…。
もう一人は、同じ会社の営業にいる「二」(ニこと霧島君)。会社の交流会を経て「付き合いたい」と人生で初めて告白されるが、遺伝子的に受けつけないタイプの男だった。さてさて、どういうことに…。


◆(思った)

本当に勝手なヒロインだ。
でも、我が身を振り返ると、自分にも思い当たるところがイッパイだ。
誰かを好きになると、盲目になってすべてが良く見える。
いっぽうで、自分に好意を抱いた人には、素っ気ない。
逃げれば追いかけ、追いかけられれば逃げる。
とはいえ、12年間、ひとりの人を想い続けるヨシカは、憎めないヒロインだ。
心の中に色々な思いを抱えて生きている姿をみると、人間ってこんな感じだなぁと思った。

綿矢さん、決して美しいだけでも、汚れているだけでもない「人間」という生き物の、微妙な心のヒダをすくいとるのがうまい

(「勝手にふるえてろ」綿矢りさ著 文藝春秋2010.8)

スポンサーサイト

◆(物語)

「しょうがの味は熱い「自然に、とてもスムーズに」の二篇からなる。
前作は同棲して一年近くが経った田畑弦と小林奈世の話。
二作目は、同棲三年の同じ二人の日々。

弦のことが生きがいと告げる奈世。それは間違いだと奈世に言う弦。
一緒にいても、すれ違う二人の思いや日々を、細やかに描いている。
二作目では、強く結婚を望んだ奈世が婚姻届を取り寄せて、弦に逆プロポーズを図るが…。

◆(思った)

当然ながら、他人だった二人が一緒になろうとするのが恋愛、結婚。
この物語には、その、温度差や行きつ戻りつの葛藤が随所にでてくる。
それを受け止めて理解しようとしたり、区切りをつけて投げ出そうとしたり。
一体二人は、どうなっていくんだろうと、それぞれの思いや心の動きに共感したり
異議を持ったりして、最後まで面白く読んだ。

◆話の筋と直接関係ないけど、この物語を読んでいたら、TVドラマ「北の国から」を思い出した。
「小さな家族の大きな物語」というような、ドラマのキャッチフレーズだった。
この小説も、男女の関係を描いているだけ。
でも、それは意味のある、大きなドラマでもあるとおもった。

余りに忙しなく過ぎていく日常の中で、細やかな思いを忘れそうになる。
そのことを思い出して立ち止まったり。でも、懲りずに忘ちゃって反省したり…。
行きつ戻りつ、のんびり行くさってことで。

(「しょうがの味は熱い」綿矢りさ著 文藝春秋 2012.12)



◆(ものがたり)

高校三年生のヒロイン・の恋の顛末。
彼女は同じクラスのたとえを好きになるが、彼には中学二年生から付き合っている美人で病弱な美雪という恋人がいて、手紙のやりとりをしている。
たとえの机の中の手紙を盗み読んで、彼らの親密さや密やかな関係を知る。
愛は、たとえに振り向いてもらおうと美雪にも接近するが…。

◆(思った)

読み終えて思ったのは愛、美雪、たとえの三人が、これからどうなっていくんだろうということ。
今も読者の僕の中で、三人の人生が動いている。
完結しないで継続している人の営みが、小説に刻まれているんだと思った

エゴイスティックな、愛の自分を認めて欲しいという強烈な欲望に圧倒される。
ここまでやるか、やりすぎじゃんという思いと、ここまでやることへの羨望を感じたりする。

たとえに恋するまでは、クールで打算的だったはずの愛が、恋にのめり込み熱中して変わっていく。
成績はガタ落ちになり、プライドをかなぐり捨てて傷だらけになりながら、たとえや美雪に
自分の思いを吐き出していく。

他者に大切な思いを伝えること。誰かを本気で好きになること。
それは、傷つきながら、自分の中に棲んでいる本音を吐き出すこと。
自分や相手と向き合い、痛みと共生しながら自分をひらいていくこと。

最後まで、目が離せない一冊。


(「ひらいて」 綿矢りさ著 2012.7新潮社)


本命くじら

Author:本命くじら
 本が好きです。自然も好きです。
人間という生き物にキョウミシンシン!
本は快楽。本はエネルギー。…ってことで。
 よろしく!

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。