2017 / 06
≪ 2017 / 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 / 07 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


多田富雄さんが、亡くなった。
彼を、知らない人も多いかもしれないけど、ボクにとっては特別な人だった。

世界的な免疫学者だった彼は、2001年・旅先の金沢で、突然「脳梗塞」を発症した。死線を彷徨い、右半身が麻痺し、言葉を失い、物を食べられない嚥下(のみくだすこと)障害になった。重度の障害が残り、発病直後は絶望の思いで、死ぬことばかりを考えていたと、以前このブログに感想を書いた「寡黙なる巨人」(集英社 2007.7刊)のなかで、書いていた。
ボクも、同じ病気になった。
リハビリを続けながら、手に入る限りの本を読み、彼の言葉を何度も読み返した。

◆ この本は、主に発病後発表した(二章「姥捨て」のみ1998年)自伝的エッセイ集だ。前半の一章「春楡の木陰で」に記されている三つの文章は、世話になった下宿の人々。下町の居酒屋。中華レストランで働いていたチエコとの出会いのことなど。彼が1964年に留学したアメリカで出会った人や出来事が記されている。
良質な青春の短編小説のようだった。

二章「比翼連理」に収められている9編には、発病して以降の日々のことや、学生時代の下宿のことなどが語られている。献身的な妻との過去と現在の日々。以前からの病気に加えて発症した「前立腺癌」への対応と思い。
学生時代に小林秀雄に心酔し友人と同人誌をつくり、縁あって知った白洲正子のこと。妻との旅のこと。

◆ 中で「いとしのアルヘンエィーナ」という一文に、発病して目覚めてからの苦しみのこと。
内科医だった妻が職を辞めて彼に注いだ献身的な看病が、自死を思い止まらせる大きな理由だったことが、
率直に書かれている。

発症してから、鶴見和子(「邂逅」2003藤原書店刊)柳澤桂子(「露の身ながら」2004集英社刊 2008同文庫化)石牟礼道子(「言霊」2008藤原書店刊)らと往復書簡を交わした。詩集をだした。新作能の脚本を五つ書いた。
それらの作品から紡ぎだされる言葉は、命の精一杯の羽ばたきから、生まれてきたんだと思った。
手にした本を読みながら、胸が熱くなった。
そして、2006年、国が改革の名目で、病気の人たちのリハビリ日数の制限をしようとした時、抗議し、
同じ思いを持つ人たちと、反対署名を国に突きつけた。

◆ 発病から8年を経た心境の変化のことを、次のように述べている。

「半身が動かなくても、言葉がしゃべれなくても、私の中で日々行われている生命活動は創造的である。
そう思って自分の変化を見れば、まるで新しく生まれた生き物のように、毎日変わっていく自分を発見する。
麻痺に慣れるのも、適応して行動するのも命の可塑性による。
それならば、死ぬはずだった自分の命の限界まで生きてから、この地球からおさらばしようと思い始めた。
(P183)
そして発病前より「ものごとを深く考えるように」なり、「他人のことも、以前より理解できる」ようになったと書いている。

命の日々を研ぎ澄ますこと。
そして想像力と創造力のことを、その生きる姿で教え、考えさせてくれた。
本でしか知らないあなただった。でも、最高の先生だった。

ありがとう!


(多田富雄 著 「ダウンタウンに 時は流れて」 2009.11 集英社)


スポンサーサイト

◆ 身体の元気は、心の元気と繋がっている。…と通常は思う。
それはごく普通の考えだ。
でも、ここに新しい目を開かせてくれる本がある。
身体を掌る司令塔である脳。「脳梗塞」は、この機能を寸断する。
当然、それまで元気だった肉体の機能も寸断される。
 著者の多田さんは、世界的な免疫学者として、世界や日本各地を忙しく
駆け回る毎日のなかで、2001年・旅先の金沢で、突然に発症した。
死線を彷徨った後、右半身が麻痺し、言葉を失い、物を食べられない
嚥下(のみくだすこと)障害という重度の障害をおった。
発病直後は絶望のあまり、死ぬことばかりを考えていたそうだ。
その後、闘病の中で自分の中に、新しい生命力が芽生えつつある事を感じる。
この本には、一年弱の闘病記録と、その後に書いたエッセイが収められている。

◆ 印象深かったこと。
身体の「元気」は、本当の「生きている実感」とイコールではないこと。
発病前は元気だったが「生命そのものは衰弱していた」と自分を、振り返りながら言っている。
病気になってリハビリ訓練を行うことで「生命が回復している」と。
「リハビリとは人間の尊厳の回復という意味だそうだが、私は生命力の回復、
生きる実感の回復だと思う」
(P112)
2006年、国が改革の名目で、病気で苦しむ人たちのリハビリを、
最長180日に制限しようとしたとき、多田さんは、同じ思いを持つ人たちと共に、
40日間で44万人以上の反対署名を国に突きつけて、施策に影響を与えた。

◆ 寡黙で無様であっても、自分の中に、新しい命が生まれ胎動することを感じとっている多田さん。その感性、その志が、元気をくれる。

(多田富雄著 「寡黙なる巨人」集英社 2007,7)



本命くじら

Author:本命くじら
 本が好きです。自然も好きです。
人間という生き物にキョウミシンシン!
本は快楽。本はエネルギー。…ってことで。
 よろしく!

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。