2017 / 06
≪ 2017 / 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 / 07 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


イヤな小説だ。
でも読んでしまった506ページ。でも途中で放り出そうと思わなかった。
感動作ではない。作者が、繰り出す言葉が面白い。文体が癖になる。
感動じゃなくて、これはオモシロがって読む小説だ。

◆ ある夫婦がでてくる。結婚八年目で倦怠期の中志郎・真智子。
旅行先のバリ島で、志郎が体験する不思議な出来事で、妻への情熱を復活させるが…。

◆ 作家もでてくる。津田伸一。直木賞を受けながら二度の舌禍事件(三度目もおこる)を起こす。
事件で文筆活動が危うい時、彼を擁護してくれた文壇の大御所・小板橋先生の名前「コイタバシ」を名乗って出会い系サイトで、女性と次々にデートを重ねる。とっても嫌な奴なのにもてる。

◆ そして「超能力」を持っていて、中志郎に妻への愛の記憶を思い出させる女・石橋。

話の展開はまとめられない。読むべしなのだ。


◆ 「愛はスープと同じで冷める」という真理、という言葉が作品に出てくる。
それがテーマなのかもしれない。
うつろう人の心。その無常。それを知っているから、人は愛を温め続けたいと
願うのかもしれない。

◆ 「5」とは、ハイタッチをするときの決まり文句「ギブ・ミー・ファイブ」からきていると
作者がインタビューで言っている。

物語の最後の場面。旅立とうとする津田を、石橋が引きとめようと説得するが、
翻意させることが出来ない。そして言う「5をちょうだい」。
握手じゃなくて、ハイタッチを求める場面がでてくる。
だから、どうということはない。
感動ではなく、面白がって読む本だった。

(佐藤 正午著 「5」 角川書店 2007.1)

スポンサーサイト

本命くじら

Author:本命くじら
 本が好きです。自然も好きです。
人間という生き物にキョウミシンシン!
本は快楽。本はエネルギー。…ってことで。
 よろしく!

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。