2017 / 04
≪ 2017 / 03   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - -  2017 / 05 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


新年おめでとう。
今年もよろしく!

昨年読んだ本は約90冊。10冊選んでみました。

① 「悼む人」  天童荒太 著
② 「ボックス!」 百田尚樹 著
③ 「悪人」  吉田修一 著
④ 「寡黙なる巨人」 多田富雄 著
⑤ 「仏果を得ず」 三浦しをん 著
⑥ 「つきのふね」 森絵都 著
⑦ 「八日目の蝉」 角田光代 著
⑧ 「風に顔をあげて」 平安寿子 著
⑨ 「武士道シックスティーン」 誉田哲也 著
⑩ 「僕らは冬の知床で」 加藤俊寿 著


◆ 再読もあります。
選んだ大きな基準は「心を元気にしてくれた本たち」

①③⑥は、少し重いテーマかもしれないけど、人の心の豊かな奥行きを描いて見せてくれました。
深い闇と深い明るさは、表裏のものかも。

四冊目の「寡黙なる巨人」だけ小説ではありません。
の多田さんは昨年の収穫。彼が交わした
(「言魂」石牟礼道子さんと。「露の身ながら」柳澤佳子さんと。「邂逅」鶴見和子さんと。)
の三冊の往復書簡とワンセットで、深く印象に残った本。
(※三冊の往復書簡は、ここに感想の掲載はありません。)
 他に、ここに加えたい一冊は「がんに負けない、あきらめないコツ」です。
鎌田實さんと松村尚美さんの往復書簡です。


⑩の加藤俊寿さんは、愛知の人です。もっと、多くの人に読んで欲しい、一押しの人です。

(※昨日一度、アップしたのですが、少し編集したら、ここに表示されないので、再度新規掲載します。)

スポンサーサイト

本命くじら

Author:本命くじら
 本が好きです。自然も好きです。
人間という生き物にキョウミシンシン!
本は快楽。本はエネルギー。…ってことで。
 よろしく!

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。