2011 / 01
≪ 2010 / 12   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2011 / 02 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


◆(おはなし)
主人公・渡辺が仕事を終えてマンションに帰ってくると、妻・佳代子が雇ったという
ヒゲの男が待っていた。
妻は彼の浮気を疑っていて、彼女の依頼でヒゲの男から暴行を受け、椅子に縛り付けられて、浮気相手を白状しないと拷問すると脅される…。

ソフトウェア会社で働く渡辺の周りで、特定の「キーワード」を検索した
同僚や知人が、婦女暴行の冤罪にハメられたり、失踪したり…という様々な事件がおこる。

なぜ?

情報化社会の「新モダンタイムス」。

◆(おもったこと)
なんじゃこりゃあという本の出だしから、いつしか伊坂ワールドに引き込まれる。
漫画雑誌「モーニング」に連載された。
大好きな「ゴールデンスランバー」の二卵性双生児的作品だそうだ。

巨大な情報化社会の中で細分化、効率化が進んで「仕事だから」という言葉のもとに
「良心、罪悪感」が消えていくこと。
気づかなくなることに、警鐘をならしているんだと思った。

個人的関心としては、文中に出てくる
「勇気と想像力とちょっぴりのお金」があれば人生を楽しめるという
「ライムライト」にでてくるセリフや、別の作品のなかの
「宇宙の力は君にもある」という言葉が印象的だった。
人間は血や肉で出来ていて、いくら社会が巨大化しても、
あくまでも原点は「一個の人間」だよなぁと改めて思った。


(伊坂幸太郎著「モダンタイムス」2008.10講談社)


スポンサーサイト

◆(おはなし) 
沖縄県与那喜島に住む、主人公・友寄明青(ともよせあきお)を取り巻く環境は過酷だ。
生まれた時から、親指以外の4本の指がくっついている右手。
父が小学生の時、海難事故で死ぬ。
小学5年生の時、母が家を出て以来帰らない
その後、彼の世話をしてくれた祖母も亡くなる。
誰かが、家で待っていてくれる生活とは無縁の暮らしの中に
カフーと名付けたラブラドール犬がやってきた。それはありがたい存在。
今は、友寄商店という「よろずや」をやっていて、地域の交流の場になっている。
子供の頃からの顔なじみの、近所のおばあに、夕餉をつくってもらっている。

86歳になるおばあも、独り暮らし。
巫女(ゆた)であるおばあが、犬のカフーが生まれたときいい知らせがやってくると予告する。
カフーは「果報」と書いて「いい知らせ」「幸せ」の意味がある。
そんな犬は存在感がある。

そしてその夜も「果報」の知らせ。
なんと、島民たちと行った北陸の遠久島の飛泡神社で、書いた「嫁に来ないか。幸せにします」の絵馬
に「幸(さち)」と名乗る女性から
「…私をあなたのお嫁さんにしてくださいますか。あなたにお目にかかりたく、
近々お訪ねしようと決心しています。」という、仰天の手紙が届く。
「幸」とは、どんな女性なのか?

二人の未来は…。

◆(おもったこと)
これは、トロトロのラブストーリーではない。
明青、おばあ、幸。それぞれが人と死別、離別の過去を持っている。
本文の表現で言えば「痺れるほどの喪失感」が共通している。

誰かが言ったように、サヨナラだけが人生なのか?
深い絶望の海を泳ぐのが、人の一生なのか。
生きているのが辛い時、どうしたらいいんだろう?

引っ込み思案だった明青が、後半に見せる行動は、ひとつのヒントをくれる。

辛さ一色に塗りつぶされない、人としての営みが欲しい。
喪失感には、大切なものを獲得したいという歩みが一番の力になるんだ。
きっと…。

(原田マハ著「カフーを待ちわびて」2006.4宝島社)



遅ればせながら、昨年読んだ本の中で、印象的だった5冊。

①一週間 井上ひさし著
②運命の人 山崎豊子著
③円朝の女 今井今朝子著
④下町ロケット 池井戸潤著
⑤神様のカルテ2 夏川草介著


今年も、マイペースで読みます。
遊んでやってください。

「ボキャブラ天国」から「爆笑問題」の豊富な言葉や笑いのパワーに感心してきた。
コンビのうち、読書家であり、漫才の内容を考える太田の多才ぶりが、小説にどんな形で表現されるか
興味があった。その第一小説集。

9つの物語は、文体や内容は様々だった。
個人的には、「人類諸君!」が好きだ。
太田のボキャブラ講談を、聞いているような面白さを感じた。
崖っぷちに来た人類危機を脱するためのヒントを「人類の叡智の頂き」として高名な、風間奇一朗大先生から
聞こうと、その言葉を、世界中が、今か今かと待ち受ける「究極の他力本願」の話。
テンポがあり、皮肉が効いた一席。
他人や社会に操られない、異端のつながりが、世界の変化を生むという事を言いたいんだろうか?

9編を通じて
絶望と危機の時代にあって「希望」はどこにあるのかを問いかけているようにも読めるけれど
彼が、本当は何を描きたかったのか、自分にはわからなかった。

(太田光著「マボロシの鳥」2010.10新潮社)


本命くじら

Author:本命くじら
 本が好きです。自然も好きです。
人間という生き物にキョウミシンシン!
本は快楽。本はエネルギー。…ってことで。
 よろしく!

12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。