2017 / 06
≪ 2017 / 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 / 07 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


◆ 三億円の宝くじに当たって、退職して敦賀の海辺で、一人で仙人のように暮らす河野勝男の所へファンタジーを名乗る男が訪ねてくる。
不思議な彼の暮らし。姉とのトラウマを抱えて屈折した、惚れていた、かりんとのつきあい。その死と別れの哀しみ。
河野に惚れている、元同僚・片桐の思い…。


◆ 最後の場面で河野にもらった白い巻貝を、久しぶりに手にして、片桐は距離を置いた付き合いをしてきた,河野のかけがえのなさを思う。そして会いに行く。
この思いの中に、ファンタジーのエキスが詰まっているような気がした。
直接に生きる実用にならないけど、孤独なときの友だちだったりする。
そんなファンタジーの存在。
「ファンタジー」って何だったっけなぁと、改めて思いつつの一冊。

(絲山秋子著「海の仙人」新潮社2004.8)

この記事へコメントする















本命くじら

Author:本命くじら
 本が好きです。自然も好きです。
人間という生き物にキョウミシンシン!
本は快楽。本はエネルギー。…ってことで。
 よろしく!

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。