2017 / 08
≪ 2017 / 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


鎌田 實著「ちょい太で だいじょうぶ」(集英社文庫)は、
痩せることに必死で、痩せているほうが健康だと思い込んでいる人に、
ホントはちょい太っているくらいが、実は長寿で健康になんだと教えてくれる。
メタボリックシンドロームを、健康を脅かす生活習慣病としてどうつきあうかを書いている。
とっても、わかりやすい。
これは同時に、哲学の本でもあると思った。何度も読み返したくなる。

生活習慣を変えて、健康になることは、実は生き方を変えること。
「生き方を変える」などと言うと、とてつもないことをするみたいだけど、
実はちょっとした積み重ねなんだってことを「健康な生き方をつくる」
という視点から語ってくれる。

そこには、哲学がある。

画期的衝撃的な方法は、出てこない。
暮らしの中に、小さな何気ない習慣をつくること。
積み重ねる。日常生活と仲良くすること。

でも実は、それが大事だってことがわかってくる。

いいなぁと思ったのは、肩に「力コブ」を作らないで
「がんばらないけど、あきらめない」で、ゆったりした気分で
「行動変容」に招待してくれること。

静かなのに、こんこんと湧き出してくる泉みたいだ。

この記事へコメントする















本命くじら

Author:本命くじら
 本が好きです。自然も好きです。
人間という生き物にキョウミシンシン!
本は快楽。本はエネルギー。…ってことで。
 よろしく!

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。