2017 / 10
≪ 2017 / 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


(物語)
◆訳あって、卑劣な男たちを自然発作に見せかけて暗殺する若き女性、青豆。
予備校で数学を教えながら小説を書いている天吾。
彼は編集者小松から17歳の美少女、ふかえりが書いた「真空さなぎ」に、天吾が手を加えて
完成稿として、彼女に新人賞を獲らせて売り出そうと詐欺的な話を持ちかけられる…。

青豆と天吾の話が交互に展開していく…。

(感想)
◆読み進むほどに「なぜ」が増幅されていく。
巧みな展開に引き込まれていく。
言葉が濃密で読むのにとても時間がかかった。
一方でワクワクさせ面白さが最後まで持続する。下巻が楽しみ。

 (村上春樹著 「1Q84(イチ、キュウ、ハチ、ヨン) BOOK1」 2009.5.30新潮社)


この記事へコメントする















本命くじら

Author:本命くじら
 本が好きです。自然も好きです。
人間という生き物にキョウミシンシン!
本は快楽。本はエネルギー。…ってことで。
 よろしく!

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。