2017 / 09
≪ 2017 / 08   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017 / 10 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


◆土曜日に観た「小三治」というドキュメンタリー映画の落語家・柳家小三治師匠の言葉。
「俺は陰気だから…」「小さん師匠から、お前の噺はおもしろくねぇなと、言われた…」
「落語家には、向いてない」。

TVのドキュメンタリー番組での場面も思いだす。
彼が動揺しそうな時に、心の中でつぶやく言葉は
「小さく、小さく」だという。

彼の根っこにあるものは、何だろう?
もしかすると、無いから始めてみる。無いを糧にする。
無いからこそ、あるものを、活かそう。

そんな、思いなんだろうか?

◆ 別の人がいる。免疫学者の多田富雄さんだ。
(このブログに、彼の本の感想を掲載。)
昨日、特集番組「いのちの科学者・多田富雄が残したもの」を放送していた。
世界的学者だった彼が、講演先で脳梗塞で倒れて、言語も歩行の自由も無くした。
変わり果てた、自分の姿に、最初は自殺のことばかり考えていたという。
その彼が、能の脚本を書き、往復書簡の本を残し、リハビリテーションの日数制限の方針に
抗議をして行動する。食事が命がけというほどの、重度の障害の日々の中での「創造的な日々」はどこから生まれたんだろう。
「機能回復だけでなく、人間性を取り戻すのがリハビリテーションだ」と本の中で、繰り返し述べるようになる。

番組の中の彼の言葉「捨てることで、本質が見えてくる」とはどういう意味なんだろう。
観終わってからも、その言葉が心にひっかかった。
無くしたものと向き合うこと。それは同時に、自分にしかないものと向き合うこと。
そんな意味なんだろうかと、勝手に考えてみる。

小三治師匠、多田富雄さん。二人は全く違う分野の人。
でも、本当の自分の在り方を深くみつめること。それを形にすること。
そこに、通い合うものを感じる。



この記事へコメントする















本命くじら

Author:本命くじら
 本が好きです。自然も好きです。
人間という生き物にキョウミシンシン!
本は快楽。本はエネルギー。…ってことで。
 よろしく!

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。