2017 / 08
≪ 2017 / 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


生前放送された、NHKBSのロングインタビューの書籍化。
三十代で早逝した作家を目指した父親のこと。
地主の子だったが、農地解放運動を目指した父。
みんなが戦争遂行一色の思想を強要された戦時中、井上家の空気は国の方針と違っていた。
「お前はアカの子だから」と赤いキャンデーしか買えなかったそうだが、彼はこんなふうに振り返る。

「ほかの子と違うふうに言われて、傷つくようなことはありませんでした
根が楽天的なんでしょう 何でもいい方へ、いい方へ 考えて暮らしていたように思います」
P14と。

そんな父親のこと、親分肌で、逞しく、他人を疑うことを知らなかった母親のこと。
母親と離れて暮らした「児童養護施設の青春」のこと。将来の道を作家と決めて映画を観まくった
高校時代。方言コンプレックスと大学時代。国立料所勤務時代のこと。
落ち込んでいた自分を元気づけてくれた文学との出会い。大学に通いながら、親掛かりをやめたいと、浅草フランス座の文芸部員なったこと。そこでの、渥美清たちとの出会い。フランス座のコントを書きつつラジオドラマを投稿していて、ライバルが藤本義一だったこと。NHKラジオからの誘いで専属ライターになったこと。「ぼくの創作術」「創作の喜び」では、劇作の魅力を語っている。芝居は「一番厳しく、しかも面白い。贅沢な芸術です。」P86 そんなふうに芝居の魅力を語っている。

◆ボクが最も印象深く心に残ったのは「笑いとはなにか」のところ。
「ロマンス」などの井上作品の中でも、しばしば語られるセリフがインタビューの場で
彼の哲学として語られている。

生きていくこと。人間という存在の中に悲しみや苦しみは備わっていて、どんなふうに生きても「恐ろしさやかなしさ、わびしさや寂しさ」は必ずやってくる。「でも、笑いは人の内側にないものなので、人が外と関わって作らないと生まれないもの」P90 人を悲しませるのは簡単だけど、笑いは作らないとできない共同作業だと。
これは「一番人間らしい仕事だと思う」と。これは井上さんの作家活動のエッセンスだなと思った。
そして、人生って作家じゃなくても笑いのセンスが大事だと思った。


◆もう一つ。「本とのつき合い方」にでてくる「知恵の育て方」のこと。ここは個人的な深読み。
体にどんどん入れる情報がいくつか集まって、知識になります。その知識を集めて、今度は知恵を作っていくのです」P30さらっと言っている知恵を生み出す作業のこと。
当たり前の知識を自分の中に蓄積することは、地味な日々の営みから生まれてくる。
知恵を育てていく積み重ね。やんなきゃなぁと強く思った。

この本を読みながら「哲学と日々の歩み方」のことを考えた。

(井上ひさし著「創作の原点 ふかいことをおもしろく」2011.4 PHP)



この記事へコメントする















本命くじら

Author:本命くじら
 本が好きです。自然も好きです。
人間という生き物にキョウミシンシン!
本は快楽。本はエネルギー。…ってことで。
 よろしく!

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。