2017 / 10
≪ 2017 / 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


年末の仕事に追われて、更新が遅れぎみです。
で、簡単なメモ的更新。
本は読んでるよ。

最近読んだのは、垣谷美雨さんの「結婚相手は抽選で」(双葉社,2010,7)「夫の彼女」(双葉社,2011,4)

◆前作は、少子化対策のため国会で「抽選見合い結婚法」が成立して独身の若者は抽選相手と強制的に見合いさせられ三人断ると「テロ撲滅隊」に送られて過酷な日々を送ることになる。あわてて結婚しようとするもの。いやいや見合いして、相手に交際を断らせようとするもの。はじめてのデートに歓喜するもの。

笑いながら、恋することや結婚って何やろう、と思ってしまいました。


◆後作はというと…。
まじめで目立たない39歳の主婦・小松原菱子は中三の実花、小五の真人の母。夫・麦太郎は、製粉会社のパスタ課勤務している。ある日偶然見た、夫のパソコンで同じ会社の二十歳の女性・星見と夫がつきあっているらしい文面の彼女のブログを読んでショックを受ける。奔放な言葉で書かれたブログのその女性と、まじめな夫が浮気しているのは本当だろうか…。二人が会って言い争いをしている途中、突然現れた老婆によって、二人の人格は入れ替えられてしまう。さてさて、二人の明日はどういうことに…。

人格の入れ替わりネタは、入れ替わる二人の人格が離れているほど、タイプが違うほど面白い!最近のTVドラマ「ドンキホーテ」では、やくざの親分と児童相談所の公務員が入れ替わって、あまりに違う境遇がドタバタの笑いにつながっていた。でも、時に以外に物事がうまく進むこともある。とにかく、毎回大笑いだった。

この小説も、ヤンキー口調の娘と気まじめな主婦が入れ替わる落差の大きさにドド~ンと笑えた。会社で浮きまくっている一人暮らしの独身女性・星見が、ある日を境に、地味でまじめになり、会社に有益な提言をする。生真面目な主婦が、ある日突然ヤンキー口調で子供や親戚やPTAの会議で予想外の発言をする。この作品は、笑いだけじゃないぞ。入れ替わってみると見えてくる相手の真情や、生い立ちの真実。笑えてホロっとさせるのだ。

「わかっちゃいるけど、相手の立場になって考える」って難しいな小説(どんな小説じゃあ?)の傑作!
おすすめ二重○!


垣谷美雨著「結婚相手は抽選で」(双葉社,2010,7)「夫の彼女」(双葉社,2011,4)


この記事へコメントする















本命くじら

Author:本命くじら
 本が好きです。自然も好きです。
人間という生き物にキョウミシンシン!
本は快楽。本はエネルギー。…ってことで。
 よろしく!

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。