2017 / 11
≪ 2017 / 10   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -  2017 / 12 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


(ものがたり)

「君たちに明日はない」シリーズの第四弾。
「日本ヒューマンリアクト㈱」というリストラ専門の会社員8年目のリストラ請負人・村上真介が主人公。
リストラは、白か黒かを決めて、バッサリと人を切る非情な仕事。でも、彼は非情に徹しきれずに相手の将来を思い、自分のあり方に迷い続ける主人公。今回のリストラの対象はCA(キャビンアテンダント・客室乗務員、以前はスチュワーデスと呼んだ)・楽器メーカー社員・外食産業社員たち、社長の高橋が昔仕事に関わった元証券会社員たちも登場。

以下四話からなる。

「勝ち逃げの女王」

航空会社が舞台。浅野貴和子42歳のCAが登場人物。IT会社の重役の夫と二子の家庭。憧れて就いた仕事、その結論は?

「ノー・エクスキューズ」

真介が面接二課長に昇格。社長高橋に誘われ、年配の二人の男と飲む。二人はかつての山三証券の社員だった。
高橋の、会社設立の経緯が出てくる。

「永遠のディーバ」

楽器メーカー「ハヤマ」に務める46歳の飯塚正樹。元「ハヤマ」主催コンテスト準優勝の経歴をもつ会社員の彼が最後に下す決断は?

「リブ・フォー・トゥデイ」

外食産業「ハイラークグループ」に務める森山透。リストラだが特Aランクの彼を、会社は転籍誘導してグループの中の人材として残したい。さて、本人の真意と決断は?

(おもった)

◆ 様々な仕事が登場する。CAは合コン回数が多いとか。その内情がみえて面白い。個々の人間の逡巡や生きる道の選択。つまりは人間の生き方に、読後、新鮮な刺激がある。真介のアシスタントの川田美代子のホンワカとしたやさしさもいい。この巻では、社長の高橋が、なぜこの会社を興したかが第二話で語られ、会社創立の背景も出てきて物語に厚みを加えている。

◆ リストラを描きながら、美化していない。
会社や経済の非情に、真介やリストラの対象になる人たちが、人としてどう向き合って、どう本当の人生に歩きだすか。企業に操られるだけの人生じゃない、自分の生を求める姿にうるっとくる。リストラという重苦しいステージを扱いながら、読後感は爽快!

◆ リストラは重くて人生を左右する出来事、だから大きな痛みがある。でも、心のしなやかさや、開き直った勇気が大切。登場人物たちの歩みが教えてくれる。
悩みや逡巡の末に、本当に大事だと思うものに向かってリストラを受けた人たちが歩きだす、そして真介も、そんな人生に共感し励まされる。
これは、面白さ抜群の、人の自立を考える物語でもある。


(垣根諒介著「勝ち逃げの女王」2012.5新潮社)

この記事へコメントする















本命くじら

Author:本命くじら
 本が好きです。自然も好きです。
人間という生き物にキョウミシンシン!
本は快楽。本はエネルギー。…ってことで。
 よろしく!

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。