2017 / 10
≪ 2017 / 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「こじつけ」で読書する、ここのページにピッタリの一冊。
「PK」「超人」「密使」の三話を収録。

(思った)

◆ 最初の「PK」に明快なメッセージがある。
「臆病は伝染する、そして、勇気も伝染する」
ってこと。

個人の場面で問われる、主義や信念を捨てる行動が、社会全体の暗さやイキイキとしない人の表情をつくる。それは個人の問題だけど、個人だけのことじゃない。

本文に出てくる「影に包まれていく」「疲労の陰りが見えていた。萎れた植物が行進している雰囲気」
「彼ら一人一人が、増殖していく黴のようでもあった」
という表現は、哀しい人の姿を象徴している。

一方で、勇気が伝染する場面も、描かれている。
貧困な母子家庭で育ち、体力的にも貧弱に見られ、いじめを受けた少年期の小津と宇野。
後に、二人は、サッカーの代表選手になり、伝説的なPKを演出する。
いじめられて、サッカーを辞めたいと思っていた失意の少年時代に、二人は、若き日の大臣が、乳児の危機を救う場面に遭遇し、励まされる。
その場面を見た他の人たちも「歓びの叫びが反響し、いく人かは抱き合った」と勇気の伝染の描写。

◆ それにしても、昨今の消費税をめぐる国会議員の行動。
負担だけじゃなくて、国民の元気も奪っているってわからない?
「おれおれ詐欺」にひっかけて「やるやらない詐欺」と呼ばれる人があるかも。(注・「やると言ってやらず、やらないと言って消費税を談合で決定した詐欺」の意味)。
脱線ゴメン。

さて、この本は、信念を貫く勇気の大切さを、問いかけている。


(ものがたり)

◆「PK」

サッカー選手・小津は「PKのチャンスが訪れたら、外す」ようにl監禁されて脅される。
就任したばかりの大臣は、幹事長から、嘘の証言を強要される。従わないと、破廉恥行為のレッテル貼りして、嘘を世間に信じさせるぞと脅される。
作家・三島。出版社から呼び出され未知な男から、小説の「改稿」を強要され、脅される。
信念の変更を強制的に迫られる三人。さて…。

◆「超人」

作家・三島宅に、営業で訪れた本田毬夫青年が悩みを告白「未来が分かります」と。その顛末は?

◆「密使」

僕(三上)と私(本田毬夫?)の話が交互に展開される。三島は他人と握手すると、一人当たり6秒を相手から奪える「時間スリ」。アトラクションの仕事中に、ある場所に一匹のゴキブリを届けることを依頼される。
「私」は、ある物流倉庫の地下室に呼び出され、世界の人を救うために、君は、ただ一人死んでもらう対象になったと告げられる。さてさて、どんな顛末に?

第一話に登場する男女の会話に、二、三話の内容につながる内容がある。


「信念を貫く勇気の大切さ」がテーマ。
イキイキとした、身体と心と表情で、生きたいぞっ!
っと思ったのでした。

(伊坂幸太郎 著「PK」2012.3 講談社)




この記事へコメントする















本命くじら

Author:本命くじら
 本が好きです。自然も好きです。
人間という生き物にキョウミシンシン!
本は快楽。本はエネルギー。…ってことで。
 よろしく!

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。