2017 / 11
≪ 2017 / 10   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -  2017 / 12 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


◆ 優しすぎるから犯罪を犯し、愛しすぎるから別れる。
一見相反する思いと行動をする人間という生き物。
定規や数字では計れない、心の葛藤や矛盾がある。


「出会い系サイト」を舞台にしたこの物語を読みながら、改めてそんなことを思った。
主人公をはじめ、登場人物たちの生い立ちや暮らしや価値観が丁寧に描かれている。
例えば、主な主人公の清水祐一は23歳でいくつかの仕事を経て、土建屋で働いている。
外見は髪は金髪で赤やピンクの服を好み長身で外見は格好いいが、実は寡黙で人付き合いが苦手で生真面目な性格。母に置き去りにされて、祖父母に育てられた。
車が好きで、病院に通う祖父の通院の足になっている。
「出会い系サイト」での、石橋佳乃、馬込光代の二人との出会いは、哀しみと歓びのドラマだ。
息をつかせない面白さ というのは、こんな本のこと。
(本を読み終えた、あなたはどう思う?)
最後の場面で清水祐一が、馬込光代に示した行為は、清水の芝居なのか、本人の本質的行為なのか。
どっちだろうね?

◆ 「悪人」という題名は、バイオレンス小説の響きがあるが、人の愚かさと素敵さを描いた愛の話でもある。
哀しいのに、人間の奥深い命や愛の力を感じさせる。
その心の振幅・矛盾を熱を持った作品として描いている。鮮やかだった。


(吉田修一著 「悪人」 朝日新聞社 2007.4)

【】
考えれば考えるほどわからなくなる一冊でした。
いったい誰が悪人なのか、悪とはなんなのか。
重い問いかけでもありました。
【ようこそ!】
ふらっとさん  こんばんは。

「悪人」とても読み応えのる作品でしたね。
確かに重い問いかけでした。
同時に、人が誰かを思うこととか、愛するってどういうことだろうと考えさせられました。
最後には、少し光も見えて、この後の二人の生き方は、どうなるんだろうと想像させられました。
【読まれたのですね♪】
こんばんは。
息もつかせぬ展開で、九州の方言もとても良かったです。
殺人事件が題材なのに、優しさや愛に溢れていましたね〜。
吉田さんのイメージが一変した作品でした。
【読みました!】
naruさん こんばんは。

naruさんが、昨年の面白本の
上位にあげていた訳が、よくわかりました。
人間の愚かさも素晴らしさも重層的に描かれていて、命のおく深さを感じました。

良い本を教えていただいて、嬉しかったです。
サンキュ!
【はじめまして!】
TB,コメントありがとうございました。
悪人がいったい誰なのか、考えさせられる内容でした。
被害者も加害者も、そしてその家族たちの心情が細かに描かれ、醜い部分もよい部分も持ち合わせている人間描写がうまいと思います。
【】
花さん こんばんは。

「悪人」。人間描写が確かにうまいですね。
本当に同感です。
花さんも、感想で書かれていましたが、理容店の再開や、房枝祖母さんのスカーフのこと。それから、彼が最後に彼女を守ろうとした決断。(だと、ボクは読みました)など、いくつかの光が見えていましたね。

花さんの感想同感でした。
これからも、どうぞよろしく。
【】
吉田修一は、これしか読んでないんですけど軽いイメージの人だったんで読んで驚きました 文章の柔らかさとスト−リーの運びがとても上手くて最後まで一気に読みました
【ようこそ!】
きりりさん こんばんは。

「悪人」本当に面白い、ひきつける作品だと思います。以前読んだ、この人の作品から、あまりにも良くなっていて、驚きの一冊でした。
こういう傑作。本読みには嬉しいですね。
【読みました!】
「悪人」読みましたよ。面白かったです。
本当に奥が深いタイトルです
哀しい話だったけど、最後はちょっと希望を持てるような終わり方でしたね。
【おはよっ!】
とまさん ようこそ。

読んだんだね。
「悪人」自信を持ってオススメの貴重な一冊って感じです。読み終えて日数が経っているのに、とても印象的な本です。

そう!とまさんの言うように、最後に希望が見えていましたね。
おもしろかった〜。
この記事へコメントする















悪人(2007/04)吉田 修一商品詳細を見る なぜ、もっと早くに出会わなかったのだろう――携帯サイトで知り合った女性を殺害した一人の男。再び彼... ...
悪人 「これで直木賞もいけたかも」という冗談は、相当微妙な評価だ・・・出版社 / 著者からの内容紹介 なぜ、もっと早くに出会わなかったのだろう――携帯サイトで知り合った女性を殺害した一人の男。再び彼は別の女性と共に逃避行に及ぶ。二人は互いの姿に何を見た ...
幸せになりたかった。ただそれだけを願っていた。 ...
吉田修一の本は、「熱帯魚」とか「最後の息子」、「7月24日通り」、等々、そのうち暇ができたら読もうと、ブックオフで購入したものが何冊かあります。でも、まあ、この「悪人」を読んでしまったので、今のところは「読むのは、しばらくはまあいいか!」と思っています ...
悪人 吉田修一 朝日新聞社 2007年4月 長崎市郊外に住む若い土木作業員が、福岡市内に暮らす保険外交員の石橋佳乃を絞殺し、その死体を遺棄した容疑で、逮捕される。なぜ、事件は起こったのか・・・・・・ 犯人はわかっているのに、先を読まずにはい... ...

本命くじら

Author:本命くじら
 本が好きです。自然も好きです。
人間という生き物にキョウミシンシン!
本は快楽。本はエネルギー。…ってことで。
 よろしく!

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。