2017 / 10
≪ 2017 / 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


書店で見つけたとき、「これだっ!」と思った。
大好きな「柳家小三治全集」の、舞台写真を撮っている人だとすぐわかった。
舞台や芸人が好きでないと、こんな表情は撮れない。
垂れ流しされて、使い捨てのように流されるテレビの笑い。
疲れているとき、そんな笑いもありだと思う。何より手軽にチャンネルを回せば
見えるからそれは気晴らしになる。

でも、それだけじゃ物足りない時もある。
そんな時、落語やステージの笑いが恋しくなる。息の長い普遍的な笑い。話の筋がわかっていても笑ってしまう落語は演者の芸がすごい。辛辣な風刺を芸の面白さでパワーアップするコメディアン。そんな人たちの舞台上の表情が収められている。添えられている短文も素敵だ。

 収められた20人の中で、三人とりあげると。

一番は「松元ヒロ」 。立川談志が「ヒロを知らなかったことが恥ずかしい」(P72)と言ったという。談志師匠への好みは別として、落語にかける情熱や工夫は素晴らしかった。その彼が、ヒロの舞台に足を運んだという。僕もヒロの舞台を観たが、面白く強烈な印象にブッ飛んだ。パントマイムや強烈な社会風刺に会場は大笑い。まだ知られていないけど、彼の舞台写真をとった著者の目に感心した。上納金なしで、立川流一門の舞台に出演している人だ。

次に、立川流一門の「立川志の輔」 。著者がかれに寄せる短文の中で「進化ではなく深化している」(P83)と書いている。そして短文の表題は「永遠のリハーサル」。なるほどなぁ、他の言葉はいらないとおもった。

最後に「柳家小三治」 。短文は「高座に吹く風」の題名。中で「噺の聴きどころを強調することも感情移入をし過ぎることもない。風が吹くように、高座にすっと言葉が流れていく。」(P132)なんてステキな小三治評なんだと嬉しくなった。

良く撮ることは、良く見ることなんだなぁと、小さな写真集との出会いに、ニンマリしている。

( 「カメラを持った前座さん」 橘蓮ニ著 2013.8 筑摩書房ちくま文庫)



この記事へコメントする















本命くじら

Author:本命くじら
 本が好きです。自然も好きです。
人間という生き物にキョウミシンシン!
本は快楽。本はエネルギー。…ってことで。
 よろしく!

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。