2017 / 08
≪ 2017 / 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ふぅ~読むのに疲れた。
「647ページ」。ページ数にも「ロクヨン」が入っている、などと、どうでもいいことを思いつつ読んだ。
「半落ち」以来の横山さん。ぶ厚さを凌ぐ面白さ。

D県警察本部警務部秘書課広報官警視・三上義信が主人公。
元は刑事で、今は警察の広報の仕事に戸惑いや、刑事への未練も前半少し感じられる。
「64」は14年前の「翔子ちゃん誘拐殺人事件」の符丁。

三上には、あゆみという娘がいたんだけど、父親似の自分の顔を嘆いて家出をしてしまう。
その後、三度あった無言電話が、あゆみからのものではないかと気に病む妻・美那子の憔悴。
生きていると信じたい一方で、娘と同じ15・6才の遺体の連絡を受けると確認に出かけたりする日々。

娘探しのために警察の組織にすがったことが、警察上部の理不尽な言動に憤って反旗を翻すことを躊躇させる。
心が痛んだりゆれたりする、妻や娘のことが自分の弱みになったと思う三上。
無言電話と誘拐事件の関連は?
警察機構内の軋轢や出世がらみの人間たちのなかで、三上はどう行動するか。
犯罪を巡って記者たちと怒鳴りあいになったりもする。果たして、どんな広報をすすめるのか。
時を経て「翔子ちゃん誘拐殺人事件」が動き出す…。

特に物語の後半は、ライブで犯罪現場を見るような躍動感に、わくわくと読める。
そんな、飽きさせない物語の中で…

ギリギリの譲れない人間らしい生き方ってなんだ。
まっとうな本音の魂同士がスパークする姿っていいなぁとか。
組織と人の本当のあり方とか。

…いろいろ考えさせてくれた。

伏線につぐ伏線、面白かった~。

(「64・ロクヨン」横山秀夫著 2012.10 文藝春秋)


【謎解きがすさまじかったですね。】
くじら様

「64」、最後に明かされる謎解き(電話をかける順番)にはひっくり返るほど驚きましたね。
それにしても、警察の広報部というのも大変なんですね。この小説で初めて意識しました。
(P.S.「ロスジェネ~」での拍手コメント、どうもありがとうございます!)
【読み応えありの一冊!】
アコチム 様
コメント サンキュです!

読み応えのある一冊ですね。
家族の悩みを抱えて、組織に借りを作った男が、組織の呪縛から自分を取り戻していく「人間ドラマ」としても
楽しめる傑作だと思います。
組織の呪縛と戦うという面では、半沢直樹とも共通するものがあり、グッときました。

(そう言えば…「ロスジェネ~」の続編を、ある雑誌で連載していますね。単行本化が楽しみです。)

また、話しましょう。
この記事へコメントする















本命くじら

Author:本命くじら
 本が好きです。自然も好きです。
人間という生き物にキョウミシンシン!
本は快楽。本はエネルギー。…ってことで。
 よろしく!

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。