2017 / 09
≪ 2017 / 08   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017 / 10 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「バッテリー」の作者・あさのあつこさんの新刊。

舞台は昭和18年夏。嘉陽高等女学校三年生の四人組。小さな温泉旅館の娘・室生三芙美、のんびりやで物真似の得意な三島則子、料亭の娘で、高女のマドンナとよばれた美貌の高崎和美、美しい少年のような川満詠子の四人は、いつも一緒。

四人が集まる三芙美の家は、小さな旅館。母が苦境を救った男から、お礼にと母が内緒でもらった特上の布。それをを使って自分たちのためのブラウスを縫いあげる、そして四人だけでファッションショーをやろうと語り合う。モンペ以外禁止の時代に、それは四人の秘密の宝物になった。

この戦争は「鬼畜米英(【管理人注】⇒鬼・畜生のような人間に劣る敵国アメリカ・イギリスのこと。)からアジアを解放し、真に平和なる大東亜共栄圏をつくりあげるために尊い戦いを繰り広げているのだ。」(P7)と、正義の戦争だと信じながらも逼迫する暮らし。腹いっぱい食べてみたいという庶民の食料事情の一方で、上級軍人たちだけの秘密の宴会や、丁寧語が粗暴な言葉になってきた校長先生の訓話、飼い犬のゴンを、肉や皮革の増産のためと、泣き喚く妹の寿子から強制的に「畜犬の供出」をさせる隣組長の言動に、三芙美は矛盾を感じる。
モンペ以外の服が禁止される時代の中で、普通の洋服が着たいという願いを持つ三芙美は、夢や未来を描く自分は「非国民なのだろうか。」と悩む。

四年生になった彼女たちに「学徒勤労動員」の日が来る。三芙美、則子は被服工場、詠子は陸軍の造兵廠、和美は学校工場にと別々の場所での日々が始まる。親や妹と別れて、三芙美も泣きながら電車の人となる。

正月の三が日、久しぶりに再会した四人。三芙美は、三人が結婚式の時に着るドレスをデザインしたノートをプレゼントして、笑顔の再会になる。

戦局は悪化し、空を覆うB29の編隊、工場は全焼したため、歩いて郷里に帰り着いた三芙美は、和美と再会した。

昭和20年8月15日敗戦。

行方不明の則子と詠子も、きっと帰ってくる…。


思ったこと①
「困難な時ほど、夢を持って生きることが大事」ってこと。

三芙美のファッションデザイナーへの夢が四人でブラウスを作ったり、再会したとき、三人が結婚式で着るウエディングドレスのデザインした画をわたす。この場面がとってもいい。気持ちに灯が灯るってこんな時。

「現代(いま)の日本でたたかっている少女たちに、この物語を贈ります」(本の帯の作者の言葉)
作中の四人の姿に、夢を抱くことの素敵さ豊かさを感じた。大変な時ほど夢と友だちだね。

思ったこと②
「戦争の哀しみ」その哀しみの再来を、許してはいけないということ。国のために命を捨てることを強要された時代のことを描いた作品を「花や咲く咲く」というタイトルにしたこと。
この本の発行日が、終戦記念日の8月15日いうところにも、作者の願いを感じる。


これは過去の物語ではなくて、今の問題とつながっている。
今話題の「集団的自衛権」や憲法9条改憲の問題は、関心の有無に関係なく戦争につながっている道。
すべての個人の未来をどうするのかが、今日本人に問いかけられている現実。


(※【ちょいと脱線して、関連する他の本の紹介】 ⇒ 過去の世界中の「集団的自衛権が行使された歴史」は「違法な侵略の歴史」で、侵略の口実に自衛権が行使されてきたのが現実。苦い過去の経験から「武力行使は慎む」というのが、今の国際的な趨勢だという、侵略の道じゃなくて、日本しかできない国際貢献の道があると、持論を問いかけている。
 「集団的自衛権の深層」(松竹伸幸著 平凡社新書)侵略の実態を隠す「自衛権」という、言葉に騙されちゃダメだね。斬新で面白い本!オススメの一冊です!)

戦時下のドラマだけど、楽しそうに笑う彼女たちの顔が浮かんできた。
彼女たちの、抱く夢や友情の豊かさに胸が熱くなった。
こんな時代からこそ、豊かにしなやかに、夢と笑いを持って歩かなきゃね。

あさのさん サイコーだったよ!サンキュ!

(「花や咲く咲く」 あさのあつこ著 実業之日本社 2013.8.15)

この記事へコメントする















本命くじら

Author:本命くじら
 本が好きです。自然も好きです。
人間という生き物にキョウミシンシン!
本は快楽。本はエネルギー。…ってことで。
 よろしく!

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。