2017 / 08
≪ 2017 / 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ヒロインの梨花という人間の中に、相反する二人の自分が住んでいる。
罪を否定し憎む自分と、物欲を万能の神のように感じ、身を委ねて自分の存在感を感じる自分。
わかば銀行支店に務める41歳の契約社員の梅澤梨花が約一億円を横領して、海外へ逃亡する。
彼女は、なぜ事件を起こしたのか?逃亡の行方は?

梨花の日々や内面を描きながら、かつての中学・高校のクラスメートの岡崎木綿子。梨花と男女の付き合いをしたことがある山田和貴。料理教室で知り合い、料理本の出版社で若い主婦をターゲットに刊行した雑誌の編集をしている中條亜紀。夫・正文との生活。営業で家を訪れる梨花に、ネックレスをくれて食事に行こうと頻繁に誘う70歳代半ばの顧客・平林孝三。その孫で、梨花が恋に落ちる相手・平林光太などの、梨花の周辺の人物たちとの関わりや、当人たちの生活を描いて金や物欲と人間の関わり、心の揺れを重層的でリアルに描きだしている。
梨花が一線を超えて、エスカレートしていく姿にドキドキする。

梨花の行動と共に様々な人物が描かれる。
中でも、中條亜紀が出てくる最後の場面は心に残る。
「銀行のお金を着服した梨花を亜紀は思う。事件のことを知ってから、まるで彼女が自分の内に棲み着いたかのように、亜紀は梨花のことをよく思い出す』 (P312)終章で、亜紀が離婚して別居中の夫と暮らす娘・沙織と時々会う。亜紀が、沙織との関係の変化に涙する場面は、この物語のテーマの一つと思われる金や物欲に翻弄され、形あるものだけに心を拘束される人の弱さや哀しみを描いていて印象深い。


自分の存在感を、物欲や紙幣だけに支配されてしまうのは哀しい。
それはパックリと口を開けて今の時代に大手を振っている、ひとつの価値観。
自分の中にも矛盾や弱さが棲んでいる。誰の身にも自然のきらめきを放つ本物の月ではなく、空虚な「紙の月」を見上げる可能性が潜んでいる。
そんな時代だから、チビチビと盃片手に、本物の月を見ながらゆったりするのがいいなぁ。

読み応えがあって、いろんなことを思わせてくれる角田さんの傑作


( 「紙の月」角田光代著   角川春樹事務所2012.3)

この記事へコメントする















本命くじら

Author:本命くじら
 本が好きです。自然も好きです。
人間という生き物にキョウミシンシン!
本は快楽。本はエネルギー。…ってことで。
 よろしく!

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。