2017 / 06
≪ 2017 / 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 / 07 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「春▪夏▪秋▪冬」の章立てで38篇のエッセイと最終章が収められている。
故郷▪山口の高校の野球部顧問で、倫理社会担当の恩師M野先生の思い出の文(「人が人を信じるということ」)に先生に習った「コスモポリタン(世界市民)」という視野を拡げる衝撃的な言葉のことが書かれている。そして「恩師」と言う言葉が躊躇なくでるような出会いの深さを思った。

いくつかの文章には、異論があり、引っかかりもし、感心しもした。伊集院さんの美学が刺激的だ。

この本で、一番印象深かったのは最終章『愛する人との別れ~妻▪夏目雅子と暮らした日々』。
夏目雅子の明るさや思いやりの深さと、つらい結末。僕がここのブログに書いた「なぎさホテル」が、なくなる話が出た頃、彼女と暮らしはじめて新居で過ごした期間の短さ。彼女が亡くなって帰った故郷で「途方に暮れる」彼の痛みの深さ…。
その彼が両親の、恩師や友人の、後輩らの「慈愛」に抱かれ助けられた話。
『この状況を切り抜けられたというか、何とか生き延びてきたら、少しずつ自分がかわった気がします。人間は己でどうしようもできないことが一生で起こり得るし、そうなった人を見守ることは使命というか人間は当たり前に手を差しのべるのだと思うようになりました。』(187~188)

最後に映画の中のチェチェンの老婆のせりふが紹介されている。
『あなたはまだ若いから知らないでしょうが、哀しみにも終わりがあるのよ』(189)

有名無名を問わずケースも様々だけど、人は「途方にくれる哀しみ」と遭遇する運命の旅人なんだと思う。
周りが見えないほどつらい時が、いつか訪れるだろう。そんな時、この言葉を思い出したいと思う。

(「大人の流儀」 伊集院静著 講談社2011.3)



【ありがとうございました♪】
急なお礼で困惑させているかもしれないんですが…(汗)本命くじらさんのブログ見させてもらって、下にばかり落ちてく気持ちを止めることが出来たというのか
気がついたら少し上向きになった気がしました。
良い言葉が出て来ずもどかしいのですが感謝してます。
厄年ではないはずなのに悪い事ばかり降りかかりため息ばかりの日々を過ごしていて
少しでも気分転換になればとブログのお散歩してたんですがだいぶ心が軽くなりました。

素敵なブログを書かれている本命くじらさんに今の悩みを聞いて頂けたらなとふと思い、勇気を出してコメントさせてもらいました。

突然でご迷惑ならすみません。
聞いてもらえるだけでいいので連絡してもらえませんか?
【Re: ありがとうございました♪】
アリスさん。
一年近く中断しているこのブログを読んでコメントいただいて、ありがとうございます。
僕は、個人的な事情で中断しているここを再開できたらと思いながらの日々です。
生きているといろいろあると思いますが、悩んでいるのは自分一人ではないと思います。
僕には、何もできないけど、又気楽に遊びにおいでください。
この記事へコメントする















本命くじら

Author:本命くじら
 本が好きです。自然も好きです。
人間という生き物にキョウミシンシン!
本は快楽。本はエネルギー。…ってことで。
 よろしく!

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。