2017 / 07
≪ 2017 / 06   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2017 / 08 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


◆ 信長の時代から秀吉政治の末期、三成が権力をふるう戦国の世。
三味線引きの藤次郎、舞い踊るちほ、太鼓打ちの黒人・弥介、
笛吹きの小兵太らの若き芸人たちが、音に遊び舞い踊りながら、
息苦しい強権政治に反旗を高々と掲げる…。

◆  芸を宴会の、添え物としか見ていない商人。
それまで自由だった、河原者まで権力で取り締まる三成の政治。
金や権力で芸人を見下し支配下におこうとする者に声をあげ、
自由を求めて音楽と踊りを楽しもうとする若者たちが、イキイキと熱い存在感を放っている。
封建の時代の底流に、自由を渇望するエネルギーの奔流を描き出す、冴えた筆力。
最後のページまで、激しいナマの音楽を聴いているようなオモシロサがある。
読み応え大ありの一冊。

楽しみな作家が生まれた。
どしどし、面白い小説を読ませてくれ~ぃ!

(※三成の政治の現実が、これに近かったかどうかは、小説なのでわからない。
かなり異なる説もある。
権力を、非情な形で使うとこうなるという為政者の典型として出てくる…。
 なお、作者の対談で「ちほ一座」は歴史の文献に、内容不詳で現存していた名前だとの
ことです。どんな一座だったか興味あるなぁ。)


(天野純希著 「桃山ビート・トライブ」 集英社 2008.1)


この記事へコメントする















『桃山ビートトライブ』(天野純希/集英社) 時は桃山時代、豊臣秀吉が治める日本国。 当時の文化的音楽といえば、優雅な横笛に端正な三味線、そして和太鼓というのが普通であった。 しかし実は、当時の日本にはすでに「パンクロック」なるものが存在したのである... ...

本命くじら

Author:本命くじら
 本が好きです。自然も好きです。
人間という生き物にキョウミシンシン!
本は快楽。本はエネルギー。…ってことで。
 よろしく!

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。