2017 / 11
≪ 2017 / 10   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -  2017 / 12 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


トルコ料理店のアルバイトを終えて家に帰ると、一緒にいたインド人の恋人も家財道具も消えていた。
精神的なショックから、言葉が出なくなってしまうヒロイン倫子。
失意の中で、いなかに帰り、おかんの援助を得て、
一日一組だけ客をとる「食堂かたつむり」の営業を始める。
店にやってくる客たちの反応…。
もの心ついたときから、気が合わなかった、おかんの真実とは…。

◆ 可能性のある話なのに、物足りなかった。
料理の話にあわせて言えば、味わいが薄い平板な作品。
ファンタジーなのか?現実を深く描きたかったのか?
中途半端な内容だった。

◆ 食堂の開店にしても、料理のもてなしにしても
物語の起伏に欠けていて、読書のわくわく感がなかった。
作品の随所に出て来る、下ネタ的比喩の表現や多さは、場面になじんでいなかった。

◆ 人は、様々な動植物の命をいただいて、生きていることは事実だし
大事なことだが、エルメスという可愛がっているペットだった豚ちゃんの
こういう結末は、説得力もなく唐突で、後味が悪く嫌いだ。

期待して読んだが、残念としかいえない一冊。

(小川糸著 「食堂かたつむり」 ポプラ社 2008.1)


この記事へコメントする















本命くじら

Author:本命くじら
 本が好きです。自然も好きです。
人間という生き物にキョウミシンシン!
本は快楽。本はエネルギー。…ってことで。
 よろしく!

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。