2017 / 07
≪ 2017 / 06   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2017 / 08 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


そうか、なるほどと思った。
大仏次郎の作品を読み解いて書かれた評論
「鞍馬天狗のゆくえ」(相川美恵子著 未知谷 刊2008.6)を読んでいたら
「弱いものに導かれていく先に幸福を見たいという大仏の姿勢」(P163)
という言葉があった。

それは、重松清 作品の真ん中を流れているものでもあるなぁと思った。
この季節風シリーズの最初の作品集に収められた「春」にまつわる12編も、その味が満載だ。

◆ 父親入院の借金におわれながら、働く母が、やっとの思いで私に買ってくれた
小さな「おひなさま」の想い出(めぐりびな)

◆ ドラフトで指名されプロ野球選手になった野球部の先輩、野口さんが、戦3年後、クビになって郷里に帰ってきた。中学三年生の川村は、コーチを依頼する手紙を、自宅に投函するが、本人に怒鳴り込まれる。
付き合っていた、ショコが川村に言う「がんばれば夢は必ずかなうって思ってるでしょ」(48)
「がんばってもどうにもならないことって、たくさんあるんだよ」(50)。
再就職をする野口や、プロに誘ったスカウト、走り高跳びに挑戦するショコたちとの
ふれあいのなかで、何かが少しわかってくる川村…。(球春)

◆ 時の流れの中で消えていくけれど,忘れられない想い出。(島小僧)

◆ 自分自身も苦しいのに、わがままいっぱいだった自分に注いでくれた母の優しい眼差し。
(よもぎ苦いか、しょっぱいか)

◆ 長距離便大型車の運転手、ナベさんが、一人息子を事故で亡くしたときつくった地蔵。
運転手たちが、全国から運んでくる桜の花びらを全身にかけられる、お地蔵さんの話。(さくら地蔵)

◆ 故郷を出て東京で暮らしていた河村健一が、酔ってホームから落ちて亡くなる。
自分とよく似た境遇と44年間を思い、自分自身の影を感じ、お墓参りのため実家を訪ねる
フリーライター。(霧を往け)

◆ 小学校のとき交通事故で両親を亡くし、容姿はパッとせず、人と会うのが苦手な、一人暮らしの36歳の和生の部屋に日曜日の朝、マガツオ一匹をもって、30歳の翠が訪ねてくる。結婚したいと強く望んでいる相手だが本音が言い出せない…。
「ひとり」と「ひとり」が、ゆるやかな「ふたり」になる。
「ずっと一緒に乗ろう」(284)という会話が印象的。(目には青葉)

など次の12篇。
「めぐりびな」「球春」「拝啓、ポンカンにて」「島小僧」「よもぎ苦いか、しょっぱいか」「ジーコロ」「さくら地蔵」「せいくらべ」「霧を往け」「お兄ちゃんの帰郷」「目には青葉」「ツバメ記念日」 
「めぐりびな」「目には青葉」が特に好き。

◆◆ この作品は、強者礼賛ではなく、哀しい結末を迎えた人への鎮魂だったり
失意の気持ちによりそう眼差しだったりする。社会的に成功者といえないかもしれない
親であったり、子供であったりする。
よく言う、強者でも勝ち組でもない人たちの人生が、読者のボクの心ををじんわりとさせたり、
元気をくれたり…。そこに、何かしら豊かなものが息づいているのかもしれない。
◆◆

(重松 清著「ツバメ記念日 季節風・春」2008.3) 





【】
こんばんは。
書き出しが大仏次郎作品のことで、ビックリ。
そういう繋がりがあったんですね。

市井の名もなき人たちの痛みや悲しみ、いろんな出来事。
重松さんが掬い取って、春の日差しで暖めてくれてるみたいでした。
【】
くじらさん おはようです。
私が一番好きなのは「さくら地蔵」で
心に染みましたね。
悲しいお話が多いけれど、ラストには
ちゃんと救いがあったりする。
重松さんは本当に泣かせるのがうまい
作家さんです。
春にピッタリの作品でした。
ちょっと笑える「ポンカン」や「目には
青葉」も好きでしたね〜。
四季シリーズなので、夏も読みましたが
春の方が好きかな。秋も楽しみです。
【藍色さん】
こんばんは。

少し前にTV放映されていた「鞍馬天狗」を観ていたこともあって、相川さんの本を興味深く読みました。その中に、大仏作品を評した記述があって、重松作品と通じるものを、感じました。

後半二行の藍色さんの感想。素晴らしい!
同感です。
【naruさん】
こんばんは。

「さくら地蔵」。絵柄も地蔵をつくった
お父さんの思いも、鮮やかな印象を残す
見事な作品でした。

重松さんのラスト見事ですね。
乾いた涙じゃなくて、温かなふくよかな
涙が出てしまう感じです。
「夏」も予約中で楽しみです。

森絵都さんの「ラン」も読みたくて
ガマンできず、買ってしまいました。
読みたい本だらけです。(笑)
この記事へコメントする















ツバメ記念日―季節風*春 装幀は吉田篤弘・吉田浩美。産経新聞連載を改稿改題。 出会い、別れ、旅立ち、母の思い出など春がテーマの短編集。... ...
温かい涙あふれる12の春の物語。 ...

本命くじら

Author:本命くじら
 本が好きです。自然も好きです。
人間という生き物にキョウミシンシン!
本は快楽。本はエネルギー。…ってことで。
 よろしく!

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。