2017 / 08
≪ 2017 / 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


(おはなし)
◆  ヒロイン・香須美(ミムラ)は、落語好きの叔父さんに連れられて行った寄席で、
若き落語界の巧者・三松家柿紅(益岡徹)の落語を聴いて好きになり、入院した叔父さん
(利重剛)を喜ばそうと、特訓して病室で演じた。
それをきっかけに、彼女は落語家を志し大学の落研で腕を磨いて卒業すると同時に、憧れの三松家柿紅の弟子入りを志願して、入門試験に彼の前で「景清」を演じるが、彼は「何を稽古したところで無駄」だと、入門を断られる。

 そんな柿紅に異論を唱え、彼女を弟子に迎えてくれたのが三々亭平佐(津川雅彦)師匠。
ところが、弟子になったものの、平佐はテレビで起こした事件で謹慎の身なのに、稽古もつけず
遊び代欲しさに弟子の彼女にまでお金をたかる、破天荒な師匠だった。
楽屋では、駆け出しの女前座として、男社会の色濃い世界で、大好きな落語を支えに、
忙しく働いている。

◆ ある日、大学時代の落研の後輩から、封印された落語「緋扇長屋」に平佐が挑むという
話が伝わってくる。
その落語は、作者も、演じた噺家たちも、急死した、いわくつきの一席だ。
さてさて…どうなりますことやら…。
 
(中原 俊 監督作品)

(感想のようなもの)
◆ 津川雅彦が演じた、三々亭平佐役がすごい!
高座での所作、噺を観客に向けて語る場面の見事さに、驚き感動した。
本職でも、これほど見事に落語を語れる人は少ないと思った。

彼がインタビューで語っているのを読むと、半端じゃない練習の跡が伺われる。
曰く『「…これが最後の挑戦かもしれない」って引き受けちゃったよ。
毎日毎日「ツガワ・ザ・ファイナル」って呟きながら(笑)自分を励まし、噺を繰って練習した。…』
二ヶ月でこの語り。嬉しい。すごい。

ミムラが公園で練習する場面で演じる「寿限無」。
高座で演じる「たらちね」もよかったよ。
笑いとミステリーの味付けが楽しい。


◆ 永田俊也の原作小説「落語娘(「ええから加減」も収録)」(講談社文庫)を読書中。
いまのところ、手ごたえ十分。




この記事へコメントする















本命くじら

Author:本命くじら
 本が好きです。自然も好きです。
人間という生き物にキョウミシンシン!
本は快楽。本はエネルギー。…ってことで。
 よろしく!

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。