2017 / 10
≪ 2017 / 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


放映三夜目の映画「学校Ⅲ」は、職業訓練校が舞台。

 心のつながりって見えない。
  …でも、確かにある。


◆ そのクラスに集まってきた人は、ほとんど中高年。
水商売に見切りをつけた人、大型店の地域進出で小売店としての商売が続かなくなった人などだ。
その訓練校で、ボイラー技師の資格をとるため学びに来ている。

この二人も…。

◆ 高野周吉(小林稔侍)は、大手証券会社の部長だったが、50歳を過ぎた彼に突然のリストラ。
新しい転職先を探して、友人を頼るが相手にされない。
妻や子供と別居して一人暮らしの彼は、次第に今まで自分が持っていた、会社人間や学歴重視の価値観を、見直すようになる。
そして、次第に本気で、ボイラーの技能拾得に取り組むようになる。

◆ 小島紗和子(大竹しのぶ)。
中小企業で働いていたが、解雇された。
過去に過労死で夫を亡くし、今は、自閉症で絶えず独り言のような言葉を繰り返す
息子・トミー(黒田勇樹)と二人暮しだ。
再就職のために、ハローワークで紹介され、紅一点・ボイラーの技能拾得を目指して入校する。
そこで、高野と同じクラスになる。
観ていて、彼女の率直で逞しい、その姿に圧倒される。
でも、新聞配達の途中で交通事故にあった息子の看護に疲れの表情を覗かせる。
友人の助けで帰った彼女を、高野が心配して待っている。
その歓び。二人は恋に落ちる。

◆ 様々な過去の時間を引きずり、痛みや暮らしの辛さも味わって、年齢を重ねてから、技術習得のために学ぶ重みや真剣さが、とても印象的だった。
生きていくための職業訓練は、義務教育や親がかりで通う学校の雰囲気とはちがう。
渾身の真剣さがある。
さだまさし扮する教師が、事故で遅れてくる教師までの、つなぎ役として授業に現れる。
彼は雑談風に、猿が人間になって、道具を使うようになって動力ができた、皆さんはそんな現代の動力のことを勉強しているんですね。
動力を動かすためには「努力(動力)しないと」とシャレを交えて仕事の意味を語る場面が好きだ。
(セリフは記憶なので、細部は正確ではないよ。)

◆ ボイラーの仕事。派手ではないが、大切な仕事。
訓練校に来るようになった様々な経過のなかで、出世競争ではなく
一緒に、技能資格を目指す仲間という雰囲気がある。
見えにくいけど、なくてはならない大切なものを担っている。

  人の心も見えない。
でも確かな絆を結ぶ関係もある。
ラストシーンは、そんなことを語りかけてくる。


(1998年.松竹.山田洋次監督作品)


この記事へコメントする















本命くじら

Author:本命くじら
 本が好きです。自然も好きです。
人間という生き物にキョウミシンシン!
本は快楽。本はエネルギー。…ってことで。
 よろしく!

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。